風俗求人がゴロゴロ転がっている大阪で思いっ切り稼ごう

ハートと女性

雇用契約ではない?女性用風俗求人の契約とは?

キッチン

女性用風俗求人で最も多い職種はコンパニオンです。定職ではなくアルバイトのつもりで応募することになりますが、実際雇用契約を結んでいるコンパニオンはほとんどいません。業務委託と呼ばれる契約で働くことになります。
雇用契約と業務委託契約とでは180度近く契約内容が違います。雇用契約を結んだ人は労働者ですが、業務委託契約を結んだ人は個人事業主です。個人事業主は労働者ではないので、労働基準法は適用されません。たとえば、労災保険や健康保険のような社会保険に入りたいと思っても、それを風俗店に要求することはできないのです。個人事業主が風俗店からもらうお金は給与ではなく報酬です。その報酬から所得税や住民税が天引きされることはありません。所得税を納めるときには自分で確定申告をすることになります。労働者は風俗店が定めた就業規則に従って勤務をします。自分の好き勝手に働くことはできません。個人事業主は就業規則に従う必要はありません。自分の好きなように出勤日時を決めることができます。
女性用風俗求人にアルバイトと書いてあっても、その言葉を鵜呑みにしてはいけません。また、契約の種類についての記載はまずないと考えておいたほうがいいでしょう。女性用風俗求人に応募する前に、電話等で契約の種類について確認しておく必要があります。

おすすめ記事

  • キッチン

    雇用契約ではない?女性用風俗求人の契約とは?

    女性用風俗求人で最も多い職種はコンパニオンです。定職ではなくアルバイトのつもりで応募することになりますが、実際雇用契約を結んでいるコンパニオンはほとんどいません。業務委託と呼ばれる契約で働くことになります。雇用契約と業務委託契約とでは180度近く契約内容が違います。雇用契約を結んだ人は労働者ですが、業務委託契約を結んだ人は個人事業主です。個人事業主は労働者ではないので、労働基準法は適用されません。たとえば、労災保険や健康保険のような社会保険に入りたいと思っても、それを風俗店に要求す…

    »詳しく見る

  • 女性

    風俗求人でお店を選ぶ際に確認しておくポイント

    もしも風俗で働いて大金を稼ぎたいと考えているならば、その決断を前に大事なポイントを確認しておく必要があります。風俗求人に採用されて働くことは大きく稼ぐチャンスであると同時に、注意しなければならない点がたくさんあります。例えば全国展開している規模の大きいお店と、地域に根付いた小さな個人店で、どちらで働くほうが良いかという点です、これに関して風俗においては、全国展開のチェーン店のほうが良いでしょう。欲を言えば、同年代の女性が多く働いているようなお店です。友人をたくさん作るという点や、仕事が相談…

    »詳しく見る

リスト